キャットフードと健康管理

家族でもある大切なペット。
そのペットの食欲がなくなるようでは、家族としてはとても心配です。
体調が悪くなっても、ペットは文句をいいません。
言葉を発することができないのですから当然なのですが、飼い主はそれを食欲から判断しなくてはいけないのです。
そのためペットには普段の食事のさいには、食欲が分かるようにしておかないといけません。
つまり食欲が減退するような食事を与えてしまっては、それを判断するのは難しくなってしまうのです。


犬の場合はだされた食事を完食してしまうことが多く、普段との食欲の差は案外と分かり易いのですが、猫の場合は一度に出された食事を完食することはあまりなく、分けて食べますので分かり辛いものがあります。
今日のエサにも困り、他の猫とエサを奪い合う野良猫ならともかく、飼い猫はエサを盗られることはありませんので、特にその傾向は強めです。
そのため具合が悪く食欲がないのか、それとも出されたエサそのものがあまり好きでないのかという判断は難しいものがあります。
この判断を上手くつけさせるためには、猫が好むエサを与えれば良いのです。


ですが好むエサは、それぞれに違いがあり、好みばかり与えていては肥満や栄養が偏り気味になりやすいという欠点があります。
そのため好むエサというより、飽きられないエサであったり、飽きがこないように工夫をする必要があります。
キャットフードにはいろいろな種類があり、価格にも差があります。
工夫次第では飽きられることはないのです。


[外部リンク]
アレルギーを予防するキャットフードの通販サイトです → → キャットフード 通販

Copyright © 2014 キャットフードはどうやって保存する? All Rights Reserved.